本文へスキップ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

「業種別職種別ユニオン運動」研究会は、「業種別職種別に、労働組合の運動をおこなっていくことが今求められているなかで、業種や職種を軸に、労働者を広く結集し、業界を相手に労働条件の向上を求めていく運動」を研究していきます。


NEWS新着情報

2019年02月11日
自販機業界における労働運動の広がりと今後の展望――「業種別職種別ユニオン運動」研究会・第5回例会、2019年2月16日(土)午後1時~5時。
2019年02月11日
クリーニング取次店主 労組結成――日本労働評議会に複数で個人加盟(「朝日新聞」で紹介、2019年2月11日))。
クリーニング業界のブラックな舞台裏――内部から暴き続ける 鈴木和幸さん」(「弁護士ドットコム」2019年02月11日 09時52分発信)。
2019年02月05日
◇『労働法律旬報』(2018年2018年11月上旬号、1923号、発行日 2018年11月10日、2018年11月下旬号、1924号、発行日 2018年11月25日、旬報社、本体2,000円+税)誌に掲載された「生コン関連業種別ユニオン連続講座」の第1回目(2018年8月25日(土)午後13時~17時、都内:連合会館にて開催)全文が本サイトで読めるようになりました。
「業種別職種別ユニオン運動」研究会◉第7回。生コン関連業種別ユニオン─ 連続講座第1回(前半)――報告・武 建一(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長)、司会・木下武男労働社会学者(元昭和女子大学教授)。
「業種別職種別ユニオン運動」研究会◉第8回、生コン関連業種別ユニオン─ 連続講座第1回(後半)――報告・武 建一(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長)、司会・後藤道夫(都留文科大学名誉教授)。
2019年01月24日
◆第5回例会のための【参考】――「ジャパンビバレッジの闘いは今!」のフォロー・ページ、『ブラック企業と労働問題を考察する』(「YAHOO ニュース」、KONNO HARUKI)、「自販機補充の過酷労働、業種別労組が必要だ」(シジフォスより、2019/01/10 06:34)
2019年01月19日
自販機業界における労働運動の広がりと今後の展望――「業種別職種別ユニオン運動」第5回例会、2019年2月16日(土)午後1時~5時。
2019年01月05日
[2017年5月15日から2018年11月13日「更新ページ」はここをクリックして)読んでください。
2018年12月05日
2018年5月19日(土)に開催された「第4回例会」の報告(報告者・浅見和彦(専修大学教授)さん)が、『労働法律旬報』(2018年8月上旬号、1917号、発行日 2018年8月10日、2018年8月下旬号、1918号、発行日 2018年8月25日、旬報社、本体2,000円+税、旬報社、本体2,000円+税)に掲載され、その全文が本サイトで読めるようになりました。
2017年07月13日
「研究会入会」へのご案内。
2017年07月13日
会費のご案内と郵便振替口座をUP 。
2017年05月20日
呼びかけ人の紹介のページをUP。
2017年05月15日
サイトをオープンしました。



 

◆「自販機業界における労働運動の広がりと今後の展望」を開催。

    

 ◆「「業種別職種別ユニオン運動」研究会・第5回例会」(2019年2月16日(土)午後13時から17時まで)を開きます。
 
・参加費 500円 (※研究会員は無料)
[プログラム]

  I部  ジャパンビバレッジのストライキ闘争とその広がり
 報告者 池田一塵(総合サポートユニオン執行委員)
     ジャパンビバレッジのストライキ闘争に寄せられた社会的反響と、ストライキに魅せられ組合に加わった労働者が展開する同業他社での取り組みの実態を報告する。

  II部 自販機業界でたたかう若者たち
 司会・コメンテーター 今野晴貴(研究会員)
 発言 自販機業界で闘う若者たち(ジャパンビバレッジほか)
    この闘いで、簡単にしかも決意をもってユニオンに接近する若者が目立ちました。
 それは会社にいることで処遇がよくはならない非年功型労働者の下層労働市喝が広く形成されているからだと思われます。その背景を探ります。

  

 ◆会場は、NATULUCK飯田橋東口駅前店 4階大会議室B
   JR飯田橋駅から徒歩2分、地下鉄飯田橋駅A4出口から徒歩1分

  
   ◆参加希望の方は、当日の資料配布数もあり、メールでお問い合わせください:
    ikedaikkei3アット<アットを@に>gmail.com

    
  

◇第5回例会―事例研究のための素材へ


◆Ⅰ部【参考】 


  
        
      (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)





◆Ⅱ部-1【参考】

  ◆更新(2018.12.28)
   
      
         (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)

  

⇒『ブラック企業と労働問題を考察する』
――
(「YAHOO ニュース」、KONNO HARUKI)記事一覧へ(163)


    
    (この中に、「ジャパンビバレッジの闘いの背景・意義」、「自販機労働」の分析がなされています。クリックしてください。当該ページへどうぞ。)





◆Ⅱ部-2【参考】


⇒「自販機補充の過酷労働、業種別労組が必要だ」
――
(シジフォスより、 2019/01/10 06:34)


    
     (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)




「研究会入会へ」のご案内

<ご入会お申し込み先>
下記のメールアドレスに、お名前、ご住所、所属団体を記載の上、「入会希
望」の件名にてメールをお送りください。
メールアドレス ikedaikkei3アット<アットを@に>gmail.com



2017.09.07

会費のご案内と郵便振替口座です。

 ・会費は個人:3000円、団体:1万円です。
 ・ゆうちょ銀行からお振込の場合
  郵便口座 00170-5-767525
  口座名:「業種別職種別ユニオン運動」研究会

・全国の金融機関からお振込の場合
  振込先:019(ゼロイチキュー)店
  口座種別:当座
  口座番号 767525



発足シンポジウムのご案内


 (2017.10.01)
 ◆全文をPDFでUP (ここをクリックしてください。当該ページへ)
 
 

[特集]業種別職種別ユニオン運動
掲載にあたって=後藤道夫・・・06
「業種別職種別ユニオン運動」研究会の課題と役割=木下武男・・・08
個別紛争とユニオン運動=嶋﨑 量・・・18
けっして特殊ではない関西生コン支部の取組み―業界を巻き込む業種別組合運動=西山直洋・・・21
総合サポートユニオンの運動戦略=坂倉昇平・・・24
資料/「業種別職種別ユニオン運動」研究会への呼びかけ・・・07



 




  PDF版へ

▽会場は、台東1丁目区民館(地下鉄日比谷線秋葉原駅から徒歩7分)
 https://www.city.taito.lg.jp/index/shisetsu/hall/kuminkan/kuminkan1.html








当日の講演者

○○○○○○○○イメージ

木下武男

 労働社会学者(元昭和女子大教授)。
 1944年福岡県生まれ。10歳の時に東京に移り住む。1964年に東京理科大学工学部に入学、さらに法政大学社会学部を卒業し、75年法政大学大学院社会学専攻修士課程修了。その後、労働科学研究所嘱託研究員や法政大学などの大学非常勤講師をつとめる。
 1999年に、鹿児島国際大学福祉社会学部教授、2003年に昭和女子大学人間社会学部教授に。大学の担当科目は労働社会学、現代社会論などを歴任、専門は日本型雇用や若者の貧困と過酷労働の分析、女性労働論、労働組合論など。
 著書は『日本人の賃金』(平凡社新書、1999年)、『格差社会にいどむユニオン―21世紀労働運動原論』(花伝社、2007年)、『若者の逆襲』(旬報社、2012年)、共著は『なぜ富と貧困は広がるのか―格差社会を変えるチカラをつけよう』(旬報社、2008年)など多数。


◆HP:「木下武男のページ」 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kinoshita/index.html


○○○○○○○○イメージ

嶋﨑 量

弁護士
1975年生まれ。神奈川総合法律事務所所属、ブラック企業対策プロジェクト事務局長、ブラック企業被害対策弁護団副事務局長、反貧困ネットワーク神奈川幹事など。民事・刑事・家事事件に加えて、働く人の権利を守るために活動してきた。近時は、弁護士の立場からブラック企業被害対策やワークルール教育法推進、貧困問題対策などの活動を行っている。共著に「ブラック企業のない社会へ」(岩波ブックレット)、「ドキュメント ブラック企業」(ちくま文庫)、「企業の募集要項、見ていますか?-こんな記載には要注意!-」(ブラック企業対策プロジェクト)、「働く人のためのブラック企業被害対策Q&A」(LABO)など。

◆twitterのページ:https://twitter.com/shima_chikara    
 紹介ページ:https://news.yahoo.co.jp/byline/shimasakichikara/



業種別ユニオンの事例報告

○○○○○○○○イメージ

「全日本建設運輸連帯労組(生コン、港湾、トラック、介護)」近畿地方本部

  西山直洋
 (全日本建設運輸連帯労組近畿地本書記長)

誰でも一人でもどんな職種でも安心して加入できます
TEL 06-6583-5546 
FAX 06-6583-5534
〒550-0021  大阪市西区川口2-4-28
web@rentai-union.com


HP:http://www.rentai-union.com/



○○○○○○○○イメージ

「総合サポートユニオン(エステ、ブラックバイト、塾講師、介護、保育)」

 坂倉昇平(執行委員)
総合サポートユニオンでは労働相談を受け付けています。職場の悩みについて相談してみませんか?
総合サポートユニオンは、様々な職場で働く人たちが集まって、労働条件や働き方の改善に取り組む団体です。

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650 FAX:03-6804-7247
メール:info@sougou-u.jp

◆twitterのページ:https://twitter.com/magazine_posse
 HP:http://sougou-u.jp/



 





バナースペース





(以下、クリックしてください。PDFで読めます)


































(クリックしてください)

「業種別職種別ユニオン運動」研究会

〒163-0000
東京都○○区○○○1-2-3(未定)

TEL 03-1234-(未定)
FAX 03-1234-(未定)
Eメール:ikedaikkei3アット<アットを@に>gmail.com

 編集・制作:インターネット事業団 現代労働組合研究会
主宰;飯島信吾
ブログ:ある編集者のブログ

 UP:2017年05月15日
 更新:2017年05月20日
 更新:2018年11月23日
  ⇒この間は、次のページに。
 更新:2019年01月18日
 更新:2019年01月19日
 更新:2019年01月24日
 更新:2019年02月05日
 更新:2019年02月11日